PRIME TIME

映画、美容、日々のきろく

コンプレックスがつきまとう。

コンプレックスって本当にしぶとい。

 

幼い頃、周りの子に比べて体が大きいことがとにかくコンプレックスでした。

ぽっちゃりだったし、肩幅もあったし、当時は身長も高かったから。

 

でも成長するにつれてぽっちゃりから普通体型になり、

身長も普通サイズで止まりました。

 

それでも、「自分は女の子らしくない身体つきだ」という自分へのイメージが中々払拭できないのです。

 

25歳になった私は周りからどう見られているのか?

 

普通体型という枠で収まっているだろうか。

 

わからなくて、怖い。

 

 

この自己イメージは、異性との恋愛にも大きく関わります。

 

細くて華奢で、背の低い男性をもし好きになってしまったら、

自分のコンプレックスを余計に強く感じてしまう。

だからいつも、自分よりとにかく体が大きい人を好きになろうしている気がします。

いや、なろうとしてるわけじゃないんですけど、そういう人ばかり好きになっていました。

大きな人と居れば、自分のコンプレックスが気にならない。

彼と比べれば女の子らしい体型だ!と思える。

 

こういう方いますか?

 

そしてこれが良いのか悪いのか、(悪いなんてことないだろうけど)

どう捉えたらいいのかな〜と最近悩んでいます。

 

 

自分のコンプレックスを感じなくて済むから相手が好き、ってなると

永遠にコンプレックスとは向き合わなくなる。

 

かといって、向き合ってしまうような相手と付き合うと

辛いというか疲れるというか。

でもその分きっと努力するだろうから

綺麗にはなれるかもしれない。

 

 

いつも頭の中でこんなことを考えて男性を見ているわけではないんですけど、

あとあと考えてみると自分の向き合いたくないことから逃げてるのかな〜なんておもってしまった。

 

 

よかったら、みなさんのご意見や考えをお聞かせください。

マシュマロでもなんでもいいので。

 

 

まとまりませんがおわり!!

 

 

 

 

 

キューティ・ブロンド/その頃には違うステージに

f:id:mikom:20180319232323j:image

 

観ました。

ざっくりあらすじ!

 

ファッションリーダーでみんなの人気者エル。大好きな彼ワーナーからプロポーズされるかと思いきや、「将来議員になる僕にはふさわしくない」と振られてしまう。

彼とヨリを戻すため、エルはワーナーと同じハーバード大学の法学部を目指す・・・

 

 

 

 

スカッとするし、明るくなれるとっても良い映画だった〜〜!!

 

超あるあるだなあ〜と思ったのが、

彼を見返してやろう、とがむしゃらに努力していても、

目標を達成したころには彼なんてどーーーでも良くなってる、っていうね。

そしてステップアップした自分には新しいステキな彼氏が出来るんですよ。

 

 

とにかく一生懸命、目の前のことに取り組むこと。

自分自身を高めていこうって思った。

 

最近クヨクヨしてたことがこれ観たらなんかどうでもよくなりました(笑)

自分を信じること。

周りに振り回されないことがほんとうに大事だよなあ〜

 

なんか周りに振り回されることってどうしてもあると思うんですけど、

どこかで一回立ち止まれるといいですよね。

 

私は自分の人生を生きていいんだから、他人に振り回されてる時間はもったいない!

 

 

 

自分らしく、前向きに楽しい日々を送っていれば自然と良いことも起こります。

 

 

それから、勇気を出すことが大事だと学びました。

ほんの少しの勇気が、未来を大きく変えるんだな〜〜

 

 

素敵な映画でした。

 

 

 

 

 

25歳、恋の記録

久しぶりに恋をしている気がします。

f:id:mikom:20180308014147j:image

 

私がこれまでお付き合いして来たのは2人。

どちらも交際期間が長くて、3〜5年くらい。

 

昨年の冬に2人目の方と別れて、完全にフリーになったのは何年ぶりかしら?という感じ。

 

だから今気になっている彼への感情も、うまく理解できていません。(彼をAさんとします)

 

 

 

Aさんと出会ったのは2年前。

お仕事で、Aさんはうちの会社に出入りする営業の方です。

もちろん何度もお話ししていましたが、当時は彼氏がいたのでなーんとも思ってなくて。

 

しかし、私が彼と別れたあたりからなんとなく、好意を感じるようになりました。

 

ただ、それが仕事のためなのか本心なのかがわからない・・・

 

 

 

で、私が恋愛について唯一、間違っていないと信じていることがあるんですね。

 

それは、行動が全てだということです。

 

口ではいくらでも言えるんですよ、ああしたいこうしたい、こう思ってる〜って。

 

でも後々振り返ってみれば、全ては行動なんです。

 

あの時ああ言われたから・・・というのは信じてはいけない。

口に出したことって、変わるんですよ時間経つと。

あれ??あの時はこう言ってたのに?って。

 

でも行動は信じられる。

私に対してどんな行動をしてくれたか、というのに気持ちがこもっているなと思うんです。

 

君に会いたいよ、と何回も言う人より、

一度会いに来てくれる人の方が本気なんです。きっと。

 

 

 

つまり、Aさんについても同じことが言えると思います。

今までは、言葉での好意の表現がほとんどでした。

 

しかし最近は行動からの好意も少し感じられるようになりました。

 

①頻繁に会社へ来てくれる

もしこれが私に会いに来てくれているのであれば、めちゃくちゃ嬉しい・・・

ですが、営業なので恐らく仕事のためです(泣)

 

②旅行のお土産を持って来てくれた

ちょっとしたお土産ですが、と言って

 

なんと、

 

私にだけ!

 

くれたんですよ〜〜〜〜〜

配る系のお菓子とかじゃないんですよ

物でしたモノ。

 

これは嬉しい・・・

 

好意だと受け取っていいですかね???←

それとも営業として、仕事のためにコイツ落としたろとか考えてるんですか・・・

 

そこが不安なところなんですよね。

上記の2点は、仕事かもしれないんですよ。

 

 

もし私のことをプライベートな感情で気に入ってくれているとしたら、

きっと連絡先を聞いたりだとか、仕事外の行動に出るよな〜って・・・

 

それはまだ無いのです。

 

 

・・・なんかずっと受け身でああだこうだ言ってウザいですね私

 

相手の行動にこんなとやかく言って(言ってないけど)

そんなモヤモヤしてんなら自分から連絡先きけ!って感じですよね・・・

 

 

でも怖いじゃないですか〜〜〜

えっ、仕事してただけなのに好きになられたか〜参ったな〜!とか思われたら〜(被害妄想)

 

 

そのような状況です。

会って話して、もっとどんな人か知りたいな〜と思ってます。

 

 

 

 

 

ブラックパンサー/世界の平和ってそんな離れた話じゃないよ

f:id:mikom:20180304000928j:image

ブラックパンサー観てきました。

まずは鮮度100%の殴り書きをどうぞ↓

(観終わってすぐ、本当にすぐメモに残したものです)

………

 

ブラックパンサー

 

ほんとに鮮度が大事とにかく鮮度が大事だからみんなすぐ文を書いて

 

マーベルはいつも、みんなが目をそらすようなテーマに触れてくる
ただのヒーロー物語でおわらない
悪い人なんていないのかも
どうやってわかりあうか

人類を一つの民族として

ほんとそうだよ

もうみんな憎み合うのやめましょうよ
こんな子供でもわかること、どうして大人は出来なくなってしまうの
憎しみはどこかで断ち切らないといけないのに

 

ロスさん可愛い
操縦のとこかっっっっこよすぎ
あ〜ーーーーーーかっこいいかわいい
素敵
任せろってとこやばい
続けるってとこも
あーんかっこいいかわいいかっこいいが混ざりあう

 

だから何回も言ってるでしょマーベルは最後まで席を立つなって…………

ああ………


演じるってすごいよね。でもさ、スタッフがいなきゃこんな映画にならない。
人の力ってすごいよ。
人が集まった時の力ってすごいし恐ろしいよ。
1人じゃ何もできないということを、痛感させられるよね。最近。

 

帰ろうとした人が立ち止まった笑笑

 

なんか帰りのゴミも分別しちゃうよね
その先に人がいるってこと忘れちゃダメだよ

このゴミだって人が片付けてくれてるんだから

 

ブラックパンサー観ただけで、2100円で
ここまで考えられるのにさ、
明日、あさってとどんどん薄れてさ
行動に移さなくなってしまうよね

世界の平和ってなんか自分に関係ないテーマに聞こえるけど

すぐ行動に移せるんだよ

その行動の先にも人がいるんだって考えること

 

思い返すために、記録って大事かもしれない

 

 

………

 

以上です。

 

何度も涙してしまいました。

どの登場人物の気持ちもわかるから、誰も憎めない。

 

 

なんか映画館にも感謝。

世界は人の力で回ってますよね。

自分もその一部を担えてる。

憧れる、スクリーンの向こうの方々にも、なにか力になってるんじゃないかなって思える。

ロスさんだって、どこかで私が働いた何かの恩恵を

受けてるのかもしれない。

 

そう思ったら、私はここで頑張ろうってまた明日から前向きになれます。

 

 

 

イメコンについて思うこと。

まとまりありませんが、思ったことを書いていきます。

 

私はパーソナルカラーがきっかけでイメコンに興味を持ちました。

リップを選ぶとき、いいなと思った色がことごとくパッとせず、原因が何なのか気になったからです。

 

そして16分割のパーソナルカラーと骨格のプロ診断を受けました。

結果はbright spring。骨格ストレート。

 

この結果には納得です。

春だとわかってから口紅やアイシャドウの色選びにほとんど失敗しなくなりました。

洋服も大まかに得意不得意がわかるようになりました。

 

 

しかし。

 

 

まだまだ足りないのです。

 

パーソナルカラーは合ってるけど・・・

骨格は合ってるけど・・・

というパターンがめちゃめちゃあります。

 

もちろん、個人差が大いにありますので

完全に選べるようになるのは無理だと思うんですね。

でももう一つ、判断基準があってもいいと思うんです。

 

それがパーソナルデザインなのか、顔タイプなのかはわかりません。

 

 

それと別に、そもそも「似合う」ってなんなの?と疑問に思います。

 

例えば私が急に「派手な柄が似合いますよ!」と言われても、好みではないので着ません。

 

着る必要はないとわかっていますが、

なぜ本人が好きではないものが「似合う」のか不思議です。

 

メコンを知る人も知らない人も、きっとみんな自分なりに似合うものを探していきてると思うんですね。

試してみて、「あ、これは似合うな。好きだ」という繰り返しで

好みの色や柄やデザインなんかがハッキリしていくんじゃないかなーと。

 

そうなると性格も関わってきません???

 

洋服で主張するのが苦手な人、得意な人。

 

でもきっと性格って別物ですよね。

本人は苦手でも「似合う」ものは存在する。

 

 

あと!

いつも地味な服を着ていた人が、急に派手な服になった時。

それが似合っていたとしても見慣れないから「似合わない」と感じてしまう。

(こちら、ツイッターで話題になっていましたね)

 

ほんとそれですよね。

 

 

だからアナリストさんって、お客さんがその日きて着た格好とか

雰囲気に引っ張られたりしないのかな?と疑問に思います。

あと性格とか。

 

明らかに元気で明るくて派手な格好が好きな人がきても、

顔立ちをみて「あなたはシンプルな方が似合います」と言えるのだろうか、、、

 

 

私にはきっと出来ない、すごい技術ですよね。

 

 

 

ごちゃごちゃ考えていますが、あくまで「取り入れる」ものだという姿勢を忘れないようにしたいです!

 

好きなようにすればいいんです。

困った時、活用すればいいんです。

振り回されないように!!!

 

 

 

 

 

 

 

愛は原動力。

f:id:mikom:20180213004150j:imagef:id:mikom:20180213004126j:image

f:id:mikom:20180213004141j:image

f:id:mikom:20180213004209j:imagef:id:mikom:20180213004217j:image

 

はあ〜〜〜〜〜〜ため息出ちゃう。

 

ベネディクトカンバーバッチ

マーティンフリーマン

マイケルエマーソン

ロバートダウニーJr.

トムヒドルストン

 

私の愛すべき人達です。

 

まるで彫刻や絵画のように美しい顔。

そして肉体。

大人の余裕と色気。

チャーミングなところ!

 

 演技をするお仕事ってどうなんだろう。

夢を与える仕事だけど、その分大変なこともあるんだろうな。

でも私は彼らから間違いなく感動や夢を与えられているし、生まれてきてくれて、演技を仕事にしてくれてありがとうと思っています。

 

彼らを思うと、あらゆることを頑張ろうと思えるのです。

いつか彼らと会ったとき、思いを言葉で伝えられなくていいのか?

彼らの言葉を理解できなくていいのか?

 

そもそも、いつか会えるように私も何かで成功し、対等になってみたい。とかね。

私も何かのプロフェッショナルとして彼らに会いたいんですよ。

何かを成し遂げたい、人に影響を与えられるような仕事人になりたい。

 

 

そんな果てしない夢まで待たせてくれるのが推しってやつなのですね!!!

 

あ〜〜でもなんか、もはや同じ時代に生まれてこれたことがもう嬉しい。

 

 

私はこの先の人生、どう過ごすんだろう。

何か残すことができるのか。残す必要があるのかも謎ですが。

 

 

2018年、再始動。

こんばんは。お久しぶりです。

最近はもっぱらツイッターにハマってまして、こちらは放置していました。ただ、いつもならブログってすぐ作っては消し、の繰り返しなのですが、ここにはマーベルを順番に見た感想とか、意外と映画の感想を残していたので消すのが惜しくなりました。

 

それに、久しぶりに読み返してみてなんかいいなあ!って思いました。

こんな映画みたっけ?とか、こんなキャラに思い入れあったんだ〜って。

どんな日記も、もう一度読んでみるっていいな〜と思ったので、今後も飽きるまで続けて行きたいと思います。

 

今後はツイッターと連動していきます。コスメのことをつらつら書き始めたアカウントでしたが、すっごく楽しくて。

今では700人以上の方にフォローしてもらえて本当に嬉しいです。ありがとうございます。

 

たまに、こちらも読んでくれたら嬉しいです。

 

 

ちなみに、名前をmikoに統一しました。

由来は海外ドラマ、ヒーローズに出てくるキャラクターのミコです。好きだったので。

 

 

これからもよろしくお願い致します。