miko’s diary

映画、美容、日々のきろく

ルーム/親子の愛が扉を開ける

f:id:mikom:20160916213303j:plain

こちらも本日レンタル開始されました。

あらすじ

5歳の男の子ジャックとママは小さな部屋で暮らしていた。同じベットで眠り、朝起きたらご飯を食べ、運動し、遊ぶ。ジャックは生まれた時からこの部屋しか世界をしらない。そしてジャックが5歳の誕生日を迎えたとき、ママは初めて告白する。ママにはジョイという名前があって、ここに来る前はばあばとじいじと暮らしてたんだと。ここは小さな納屋で、7年間閉じ込められている。外には広い世界が広がっているんだ。ジャックが成長した今、ジョイとジャックは脱出を試みる。

 

 

なんともおそろしい話でした。7年間、ちいさな部屋に閉じ込められるなんて・・・

自分を監禁した男の子供を部屋で生み、育てていくなんて。でもこれも実話がもとになってるみたいですね。本当に恐ろしいし、二人には今まで犠牲になった時間を取り返せるように幸せになってほしい。そして犯人は地獄に落ちればいい。

 

ジャックの表情がすばらしかった。

絨毯から抜け出し、生まれて初めて見る外の景色に驚いたあの顔。トラックのスピードに合わせて次々と流れていく景色に頭が追い付かない、キラキラまぶしくて目が開けられない、ピントが合わない。混乱していても、お母さんに言われた言葉だけを信じ、勇気を出してトラックから飛び降りる。あの時ママの声がしたんだ、と。

神様が助けてくれたのか、警察にジャックが保護されたあと、見たこともない人たちに囲まれ怯えながらも、必死にママに言われた通り助けを求めたジャックが素晴らしくて感動しました。泣いた・・・。

 

少し驚いたのは、へやからでて幸せになりました、で映画が終わらなかったこと。出るまででやっと半分くらいでした。

この部屋をでれば幸せになれる、そう思ってましたが、そこから生きていくのもまた大変。子供のためを思ったら、生まれた時に外に出すべきではなかったのか。父親の話はいずれするのか。など世間から冷たい質問も受け、自分はジャックにとってひどい母親なのではないかという罪の意識に押しつぶされてしまう母。

それでも、何があっても自分のママだ、というジャックの言葉で再び勇気をもらい、二人はこの世界でまた頑張っていこうと歩き出します。

親子の愛がお互いを支えあってた映画でした。ジャックがいい子だからママを元気づけるし、ママがきちんとジャックを愛し、大切にしているからジャックがいい子に育ったんだなあと思いました。