miko’s diary

映画、美容、日々のきろく

ガタカ/星新一の世界が映画になったら

f:id:mikom:20161007010454j:plain

こんな映像になるんだろうなと感じました。1997年の映画とは思えないです。

 

あらすじ

遺伝子操作が可能になった近未来。すべては遺伝子で優劣がつけられる時代。主人公ビンセントはいわゆる「不適正者」だった。彼の夢は宇宙飛行士になること。しかしその夢も遺伝子検査により不可能だと診断されてしまう。それでも夢をあきらめられないビンセントは、闇業者の紹介を受けジェロームという超優秀な男になりすますことに。ジェロームは最高な遺伝子の持ち主だったが、事故で下半身不随になっていた。ビンセントはジェロームとして宇宙開発機関ガタカへの入社を試みる。

 

 

世界がとても美しい。シンプルで機械的で、洗練された感じ。とっても好きなのは、海が見える部屋でビンセントとアイリーンが寝てるシーン。あんな部屋泊まってみたい!まるで海に浮いてるみたいでうっとりしました。

 

それから、ビンセントとジェロームが初めて会うシーンでジュードロウが出てきた瞬間、息を飲みました。なんて・・・美しいの・・・と。まさに遺伝子が優秀とはこのことかと納得してしまう美しさ。かっこいいとかイケメンではなく、芸術のように美しいです。アイリーンも綺麗だったなあ・・・

 

やはり見所は最後のシーン。

なんて・・・なんて切ないんでしょう。

切なすぎます。でも後味は悪くない。むしろ良い。

この映画はいろんなメッセージが込められてる気がします。自分で限界を決めていないか?と考えさせられます。

 

でもどんなに優秀な才能を持っていても、それゆえの悩みがあるものですね・・・ジェロームのように。