miko’s diary

映画、美容、日々のきろく

FRINGE/親子の愛が世界を救う

お久しぶりです。

POIの次に選んだのは、LOSTに引き続きJ・J・エイブラムス監督のフリンジでした。

 

毎回ね、1話を観た後に「最終回が来る頃にはこのキャラクターに思い入れがあるんだろうか」って考えるんですが、毎回その通りで終わる頃には大好きなキャラクターになってるんですよね。

 

回を増すごとにキャラクターの性格がわかってきて、身近に感じて。

 

フリンジはウォルターとピーターの愛が素敵な物語でした。

父と息子って、私は女だからわからない領域だけど、

きっと母と娘、母と息子とはまた違った愛情があるんだろうなあ。

 

それから、シーズン5で出て来るドナルド!素敵!!!

監査人が似合いすぎてて髪の毛あるの不思議だったけど、やっぱり元はめちゃくちゃかっこいいんだな・・・と見惚れてました。

 

ああ〜どのドラマも見終わってしまうと、心に穴が開いてしまうよ。

そこを次のドラマで埋めたいと思います。

 

ドラマを見るたびに、このドラマはフィクションであって見ることに意味はあるのだろうか?と考えます。

夢中になって寝不足になって、実際の生活には割と悪影響もありますが(笑)

 

でも見るたびに、役者さんってすごい仕事だなと思います。

何年も同じキャラクターを演じて、人の心を動かすことができて。

そのぶん色々な葛藤もあるんだろうな。

尊敬します。

 

自分は役者ではないけれど、仕事をしてお金をもらっているという点では同じ社会人。

 

仕事にいくのは嫌だけど、働いている時間はせめて100%のパフォーマンスでがんばろうかな。

 

話が飛躍しましたが、そんなことを考えました。

 

きっと無意味ではないと信じたい。

時間をかけて、それがフィクションであっても

ドラマを見ることに必ず意味はある。

キャラクターや監督から、何かメッセージを受け取っている。

 

と、信じて次のドラマをみようと思います!

 

では。